08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017.04/23(Sun)

おかんに舞い降りた奇跡

もうすぐ70に手が届く、おかん。
おとんが逝ってから、まだ、しょんぼりしておりました。
『気持ちの整理がつくまで、納骨せんでもええって。』と
お寺の住職さんがいうとおり
おとんの骨はまだ実家に居ります。

私は家に引き籠るおかんが心配で
身体もだけど、ボケないか。火の元やなんかも心配で。
私は、しょっちゅう実家を行き来してます。

そんなおかん。
何年も前から、大好きな
ある、韓流スターのLIVEが当選しました。
しかも、それは大阪です。
しゃーないわ、私が付き添っていくしかないわと。思っていたところ

一人でいく。といいました。

え?無理やろ?...........

正直、地元のローカル線に1人乗せるのも不安な・・・感じで
その点とっても頼りない、人です。
パソコンも、スマホもできず。のレベル。
それが。
新幹線往復のチケットを買って渡し
行き方を、ていねいに紙に書いて渡したら
一人で行ってこれました(私的には奇跡
はじめてのおつかいで、送り出す母の気持ちでハラハラでした。
main-hall[1]

LIVEは、歌とトークのショーを終えたあと
ファンミーティングがあったらしく
日本のファンクラブができて10周年とのことで
ステージ上でホールケーキが出てきてお祝いしたそうです。

それのケーキを、
その本人がナイフで6つくらいに切り分け。
お皿にのせ。
客席にいるお客さん6人くらいに
歩いて移動し。
ランダムに手渡しされたそうです。


(お客さんに事前に、司会者から
絶対に着席したまま立ちあがらないようにと約束をがあったそうです。)

1F中央くらいの通路側にいた母は
その6つのケーキの1つを
手渡しで受け取りました
(キャー!


人生の初ライブ。(大昔は行ってたかも)
人生の初遠征。

ビギナーズラックでしょうか。
でしょうね。
グランキューブ大阪なので
2500人?2700人?くらいのキャパだったようですが。
なんと幸運な!

帰ってくるなり
生クリームでべたべたになったケーキを
お皿のまま手にもってかえってきたので
とてもびっくりしたけど。笑。
DSC_0001.jpg

Anniversaryの、サリーの部分かな。あるね。
周りのファンの方々が、さかんに
ケーキの写真をとらせてと、群がっていたそうです、(笑)
(でしょうね、でしょうね、めに浮かぶ)


おとんのがん宣告から、いろいろ辛かったもんね。

ひさびさに、めっちゃ笑顔のおかんをみました。
このまま元気に長生きしてください。笑

おめでとう、よかったね♪

17:00  |  日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.03/14(Tue)

無事に生還・・・(笑

おわったー。
一年間の研修。

ほんと、壮絶だった・・・・。


最後に、卒業証書のような、修了証を一枚貰いました。
一枚の紙きれなんだけど、ものすごい重い気がします。

過去の記事を読んでも
よく自分倒れなかったな。と思います。
研修内容に加え、満員電車、往復3時間。
当時は必死だったからな・・・
亡き父のために。チビのために。

でも看病していたころの事は、身体的には全然苦になりませんでした。
前働いてた現場では、もっと大変でしたからね。
よくならない病気だったので、精神的には辛かったけど。


前にも書きましたが
亡くなったあとの、事務的なあれこれ事が
本当にこたえましたわ。
世帯主が死ぬという事は、本当にその後が大変です。

生前整理。だいじ。うん。。。。

今は税理士さんに少しお願いして
だいぶん片付きました。
もっと早く頼めばよかった。(報酬高いけど


そんな辛い研修ですが
終盤は、小論文やレポート、試験なども
上手に手加減する方法も身に付き(笑
研修生の良い仲間に恵まれ楽しく過ごすことが出来ました。
毎日笑い声が絶えず。
人生で毎日こんなに笑ったこと、ないと思う。っていうくらい
本当に学生気分に戻った気持ちになれた。
最終日はみんな涙涙の卒業式でした。

先日から
自宅近くの職場に復帰です。
早起きしなくていい。
満員電車乗らなくていい。
週末レポートに追われなくていい。

相変わらず、静かーーなゆったりした時間が流れています。
やっぱり学校は、いい。

ずっとここに居られたらいいのだけど・・・・




16:30  |  日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.12/18(Sun)

ひきこもごも(続

前回につづきます


17:50  |  日常  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2016.12/18(Sun)

ひきこもごも

こんちは。
またご無沙汰です。
昨日から富良野の黒ミサですね
私はいま自宅にいます。(笑

前回の記事は夏でしたね

あれからの毎日は・・・・嵐の渦のにいるような・・・
怒涛の日々でした。



これから家族のことを書きます





16:15  |  日常  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.08/31(Wed)

たぶん人生でいちばん・・・

えっと・・・お久しぶりです(照
Blogおやすみ中のもえです。
あれから・・いろいろありましたw

まず研修。約半分が過ぎました
自分の思っていた以上に勉強を必要とするものでした(地獄。笑)
正直、身の丈に合わない、レベルが違いすぎる研修です。
でも業務命令ですからね。。。。さぼれません。笑。
生まれてからこんなに勉強したことないかもしれません
もともと勉強大嫌いなので、
決して賢くなったわけではなくww
不合格を免れるため最低ラインすれすれの所で踏ん張って
単位をとるためにがんばってます。

でも人間の身体って正直ですね~
ストレスで髪の毛が、硬貨大に、まぁるく抜けるんですねww
だけどしばらくすると生えてくる。(生えてきた時、生きてるって感じしました
こないだ行きつけの美容室で
地肌にパーマとかよくない?って聞いたら、
ストレス性のそれは、あまりパーマやカラーとか影響ないらしいww
そっか、こころの問題ね。
納得。

そして親の介護もがんばってます。
親自身もがんばってくれてます。
ちょうど私の夏休みに入ったとき、一時容体が急変して
QQ車で運ばれましたが、今は小康状態で一時退院できました。
入院中ずっと付き添いできたのも、言い方はへんですが
私の夏休みと合致したので本当によかった。
親子の時間をたっぷりとることができました。
長年お互いに忙しく働いてきたので
親子でこんなにも沢山一緒の時間を過ごせたことはなかったです。
この研修が終わったら、介護休暇をとって
ゆっくり自宅療養できるようにしてあげたいと思っています。

ここで書いていいものか
迷いましたが
もともと親の病気は、前のかかりつけ医の誤診によるものでした。
医療過誤といいます。
30年来ずっと通院していた、都市部の、とある大病院です。
病気が見つかって
私が怒って今の病院に転院させる!!と言ったとき、
前の担当医師から謝罪があったので、
正直いうと訴訟にできるレベルです。
そのヤブ医者のせいで
親は完治しない状態になってしまった。。。

だけど残された時間を
訴訟の争い事に費やすのはどうかとも思い
そもそも親自身が長年の付き合いである、
その前の医師へ訴訟うんぬんを
する気がなかったので
泣く泣くあきらめました。

泣き寝入りです。

それを
もうどうしようもないことなのだ
仕方のないことなのだ
人生にはどうしようもないことがあるものだ

そう思えるまでかなりの月日がかかりました
これも人生の経験なのでしょうかね・・・
世の中には様々な理由でそういう想いをしている人たちが
たくさんいるのだろうと想像することができました。


一方、チビは元気です。
もう図体がでかくなってチビとは呼べないくらい
大きく育ってくれましたが。笑
親の病気のことも理解して・・・
少しずつ弱っていく姿を目の当たりにして、
何かを感じとってくれているはずです。
同じく夏休み中ずっと祖父母とくっついて
お見舞いに付き添ってくれていました。
眠るまえに、毎晩 『少しでも長生きしてくれますように・・・』 と
私と一緒に手を合わせてお祈りしています。

長年病院で働いてきたのですが
私の親について
最期のときは自宅での看取りをするつもりです。
住み慣れた家で静かに安らかに。
そう願っていますし、そうする方法も自分なら可能だからです。



一方・・・・
わたしの神様、HYDEさん
たぶん私の人生でいちばん辛いこの一年を・・
いろんな意味で救ってくれています。

親の容体をみながらだったので
事前にLIVEのチケットは買えませんでしたが
体調がおちついているときは、
当日券でアコースティックLIVEも行くことができました。
あれは本当に感動的で忘れられないLIVEになりました。
それから、完全に諦めていたビスパ!
とんぼ帰りでしたが、土曜日、チビと一日だけ行くことができました。
もの凄い、もの凄い暑かったけどww
汗だくで踊って叫んで。
半年の色々つらかったことを吹き飛ばすように楽しめました。



CpzTEXpVMAAIIQz.jpg
large666.jpg


それから
HYDEさんと観た夏の花火、忘れません!
いつか、和歌山でビスパやりたいってHYDEさん言ってたね。
そのいつか。が実現しますように・・・・

去年の年末から
しばらくHYDEさんに逢えなくなると覚悟してたけれど
また逢えた・・
あ・・また逢えた・・・・・って
神様がその都度くれるご褒美に
感謝せずにはいられません。

家族との残された時間を大切にしつつ。
残りの試練(研修)をなんとか乗り越えられますように。



15:36  |  日常  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT